のんびりひまみ日和

食べ物と恋愛と時々アイドル。

相談ベースで話す人より報告ベースで話したほうが気持ちがいい

f:id:nonbirihimami05:20180330234915p:plain

相談ベースで話されることのもやもや感、これについて最近友達と話して、二人ですっきりしたのでここにも書いておこうと思います。

始まりは、友達の「同期のある女の子と話していると、とってもイライラしてしまう」という発言でした。別に心から嫌いなわけじゃない、でもなぜか毎回話せば話すほどイライラしてしまうとのこと。

最近あったというその同期の女の子からの相談はこんな感じ。
「彼氏がもしかしたら風俗に通っているかもしれない。ついスマホを見てしまったら、風俗店のLINEを友達登録してた。でもスマホを見てしまった罪悪感もあるし、怖くて聞けない。もし本当に通っていたらどうしよう?自分との夜の生活に満足していないんじゃないか?」みたいな。

まあまあまあと。気持ちわからないでもないよね。大好きな彼氏が風俗行ってたらショックだよね。私はあまりショック受けない気もするけれど、まあそれは置いといて。

話している内容、まあわかる。なのにどうしてイライラしてしまったのかを考えると、たぶんこういうこと。

まるで相談のような話し方をするから

に尽きる。

仮にこれが本当に相談だとしたら、回答はこんな感じ。
①彼氏に直接聞く。直球アタックパターン。私はどれかというとこれ派。
「LINE登録してたけど、風俗行ってるの?」
スマホみたことはごめんだけど、それとこれとは話は別。
②何もなかったことにする。白黒はっきりすればいいってもんじゃないよねパターン。
行ってない行ってない行ってない。と思い込む。または行ってたっていいじゃない!浮気されるよりよくない?と割り切る。 
③詳細調査。探偵パターン。これはちょっと嫌。
彼氏の友人に聞く、スマホ警察や行動調査をして裏を取るまで動く。

おすすめとしては①ですね。②ができるならいいと思うけど、それさらっとできたら人に話してないよね。③は時間もかかるし、結果的に嫌な思いしそうだから×。

…とマジレスしてみたけど、大体の人は、特に女の子はこんな回答求めてないよね。
事実、私の友達はその子に「たぶん考えすぎだよ、彼ならそんなことしてないからスマホみるのやめな、直接聞けないと思うなら見なかったことにしなよ。」という優しい助言をしたけど「う~~ん…でも……。」となったそうな。

結局相談した彼女自身が腑に落ちない感じになった理由は、回答に納得がいかなかったというより、相談かのように「どうしよう?」という話の終わり方をしたけど、別に回答を求めていなかったからかなと思います。これは実際には相談ではなくて聞いてほしい!の報告だったんだろうな~と。

人生において人に相談することってそんなないもんね。
特に今回のような話って、選択肢ぱっと3つくらいしか思いつかないような、多くの選択肢が見込める話じゃないからさ。斬新な対処法とかそんなないからさ。まあ、あったら知りたいけど…。(笑)

そんで、そんな「ただ聴いてほしいだけ話」はすごくよくある。私も超する。その友達も超する。女性が二人そろったらほぼ9割これ。よく女は共感してほしい生き物みたいなこと言ったりするよね。だから、ただ聴いてほしいだけ話をする気持ちはわかる。

でもイライラしたのは、繰り返しになるけど「まるで相談かのように話をするから」なのよね。

私とその友達の共通コミュニティ(高校の友達)にはそんな「まるで相談かのように話をする」人が極端に少ない。

「ねえ聞いて!こんな人がいてね、こんなことがあってね、めっちゃむかついたの!」「なんか思うんだけどさ、こういうときって、こういうふうにしたらいいのにな~ってさ。」
そう、だいたいのことにおいて、私(と多くの友達)の話は「~~~~、以上!!!」みたいなのです。「まるで相談かのように話をする」タイプと反対の「これは報告なのでとりあえず聞けと話をする」タイプばかり。

そんな会話に馴染んでいるのに、「まるで相談かのように話をする」タイプと会話をすると、本当に回答求められてるんじゃ…と回答を出してしまい、いやいやそういうんじゃないわっていう空気を感じ、でもやっぱり回答がいるのでは…ともやもやイライラしてしまうのです。

対処方法としては、
①まず「ふむ、これはまるで相談かのように話をするタイプなんだな」と理解する
これを理解するだけでイライラはたぶん半減する。
②そのうえで感じている相手の不安に対してなるべく共感。回答は本気で求められない限りしない。
共感してほしいもんね誰しも。まああまりにそれはやめとけ…!みたいなことだったら言うけど。
これです。

これを提案したら友達はすっきりした!話してよかった!と言ってくれたので、満足しました。(笑)
まあ、この話ももともとは相談ではなくて「なんかイライラしちゃうんだよね!」という報告だったのだけど。つまり相談ベースで話をすることのメリット自体もあんまないのよね。
報告であっても、どうしても言いたいときは私のようなおせっかいおばさんに回答みたいなのだされたりするし、相談でするとほぼ納得いかない回答返ってきたりするし。

思えばブログもはじめのころよく終わりを「以上!」で締めてたし、私の話はだいたい「聞いてよ!私こう思うんだよね!以上!」なんだろうな…。

以上!