のんびりひまみ日和

食べ物と恋愛と時々アイドル。

エモいって姫乃たまだった、アルバム『First Order』の感想。

 f:id:nonbirihimami05:20180520004401p:plain 

「エモい」って使ってみたいけどいまいち使う感情になることないな…と思っていた今日このごろ。ついに出会ってしまいました。姫乃たまちゃんの『First Order』がまさにそれです。

「ファーストオーダー」という言葉はこれまでスターウォーズを連想していたけど、これからは姫乃たまちゃんを思い出しますね。スターウォーズ連想する人、私だけじゃないよね…?

※画像引用:姫乃たまオフィシャルサイト(http://himenotama.com

正直姫乃たまちゃんに興味を持ったのは、アイドルでライターをしている人がいる!っていうところで。書く文章が好きだったり、女性目線のAVレビューとかアイドルについての記事が好きで読んでました。1年半前くらいに知ったのに、聴いたのは「ねえ、王子」をMVで観ただけ。これ聴いた時もいい…!ってなった。MVも素敵。でも、それから彼女の音楽をちゃんと聞いてみよう、とならずにいつのまにか時間経っていました。『First Order』だって発売したのは2016年なんだね。

www.youtube.com

なんで今このタイミングで聴いたのか正直覚えていないんだけど、とにかく先週の仕事から帰ってくる時に、iTunesで『First Order』をダウンロードして聴きました。そして衝撃受けましたとさ。
もっと早く聴けばよかった。彼女のインタビュー記事で「iTunesでダウンロードじゃなくてCDが欲しいと思ってほしい」っていうのを読んでそうだよなあ、これはCDを買うべき音楽だよね、と思いました。買います、買いますとも。

姫乃たまとは?

1993年2月12日、東京生まれの地下アイドル兼ライターさん。16歳からフリーランスでアイドル活動をしています。音楽ユニット『僕とジョルジュ』は、caméra-stylo(カメラ=万年筆)の佐藤優介さん、シンガーソングライター金子麻友美さんの3人で組んでいます。これも深堀するとやばそう。今回は姫乃たまちゃん個人のほうだけ紹介するとしましょ。ま、あとは公式サイトのプロフィール見てくださいな。すぐこれ言っちゃう。ブログ書く気あるのか、って感じだけど、これが一番いいと思うんだ。私は個人の想いを綴るまで。

himenotama.com

『First Order』

この『First Order』ってアルバムは姫乃たまちゃんソロとしては初の全国流通アルバム。STXさん、宮崎貴士さん、藤井洋平さんが作曲に参加して、作詞はほとんどが姫乃たまちゃん自ら、少しSTXが作ってるのもあります。全13曲全部がまあなんともエモい…!!!まだ使い慣れない、「エモい」。

「姫乃たま」の独特の声

甘さとけだるさのある素敵な声だなと思いました。姫乃たまちゃんの声をちゃんと聴こうとしてこなかったあの時の自分を責めたいよね!地下アイドルを舐めてるつもりは毛頭なかったけど、これを聴いてああ私は姫乃たまっていうアイドルを舐めてたな、と思うくらい、「姫乃たまという音楽」を持っているんだなと感じました。
独特の音の伸ばし方が好きです。この音の伸ばし方を感じれるのは『拝啓ジョーストラマー』。この歌い方がなんとも童謡みがあっていい。それぞれの曲で歌い方が違うので、そこもまた楽しめる。

なつかしさを感じる音

なんだろうね~、うまく言えないんだけど都会の中に異空間みたいに現れる昔からやっている喫茶店、みたいな感じ?急にどうしたってなるけどこれなのよ(笑)

なんだか懐かしさを感じるサウンドで、これ電車の中とかで流して聴いているといつのまにか目的地過ぎちゃうのよ。日常のなかの微妙な非日常に連れていかれて、そこはなんだか時間がちょっとゆったり流れてる、みたいな、みたいなね…!
いろんな音楽の影響を受けて混ざり合って、この曲作りに携わったそれぞれの想いとか経験とか個性とかがさらにさらに混ざり合ってこうなった、その結果エモい、だと思う。知らんけどさ。うん、知らんなんだけどさ。(笑)
つまり何が言いたいかというと、音楽を聴いただけの一個人がこういうことを考えさせてしまうような広がりを持ったアルバムというわけです。そう、そうなのよ。

姫乃たまちゃんの声を私は「けだるさと甘さ」と表現したけど、それを思いっきり生かしたのがこのアルバムにある曲だと思います。

First Order

First Order

つまるところ、姫乃たまって最高。

もうね、それなの。聴いてくれ。姫乃たまちゃんって最高だなって感じてね。
そして私自身、たぶんまだまだまだまだ知らない「姫乃たま」がいるんだろうな。会ってみたいな、と思いました。

姫乃たまちゃんをもっと知るなら、音楽を聴くのはもちろんだけど、彼女のエッセイだったりAVレビューを読むべしです。

am-our.com

Real Soundの『First Order』発売後のインタビューがよかったのでこれも合わせてどうぞ。
realsound.jp

himenotama.com

今日ね 着飾って会えたんだけど
ミュール直してた 外股のままで
内股だったら 違ったのかな

あなたと私は そういうことみたい
運命わかったの
そういうことって

姫乃たま『First Order』「そういうこと」/作詞:姫乃たま 作曲:藤井洋平

 

あっ、コミュニケーションをうまくとれない人
喋り始める時 最初「あっ」って言う人
あっ、私です ごめんなさい
姫乃たま『First Order』「言いたいことがあるんだよ」/作詞:姫乃たま 作曲:STX

 

営業職のぼやき。競合他社だらけのなかで自社の価値を見出すとは。

f:id:nonbirihimami05:20180515224334p:plain

別にカリスマ営業WOMANの営業ノウハウ☆とかいうつもりはない。でもたまには営業について話そうかと。いろんな市場がいまやレッドオーシャン、営業マンもそんななかで売るって大変よね。わかるわかる。似たようなことしてる会社もたくさんある。そんな中でどう自社の価値を見出していくか。「価値を見出す」が本当に難しくなって見失いそうになることが多いです。

「どうやって売るか」は考えることができるかもしれない。でも、そこに「価値を見出す」が難しいのよね。つまり「売った先にどんな未来があるか」そして「他じゃなくてうちでなければいけない理由」を建前じゃなくて心から自分が持てている状態が価値を見出せている、だと思っています。

 

まあ、「どうやって売るか」は、こんな感じかなあ。

競合他社利用の会社への営業パターンって大きくふたつだと思っている。
自社より「価格が安くて性能の悪いサービス」を使っている場合、「価格が高くて性能がいいサービス」を使っている場合。もちろん価格だけの話をするのはダメだけど。

●自社より価格が安いサービスを利用
⇒安かろう悪かろうでしょ?今のものだとできないことあるでしょう?うちならできます。だから高いだけの価値ありますよ!例えば…とか言って費用対効果試算とか出す。

●自社より価格が高いサービスを利用

⇒えー!そんなに高いんですか…うちならおんなじことこの価格でできちゃいますよ!
でも性能悪いんでしょ、あれとこれはできないでしょ、って?まあそういうところも確かにありますね、でも逆にそんなに高いお金払ってすごい機能をフル活用できてるんですか?できてないですよね?じゃあコスパいいのってこっちですよね。

そんで、例外「自社より価格が安くて、性能もいいサービス」。
あるねー、ほとんどこれだよって商品もあるでしょう。

そんなときは必殺、目線を逸らす。
「性能がいいっていうけど、その性能ってどこのこと指してます?それって重要なこと?もっと大事なことあるんじゃないでしょうか?」

「短期的に見れば、そのままでいいと私も思います。価格も安くて性能もいいですもんね。でも長期的に考えてみてください。御社が目指す先への貢献は?今の目先の使い勝手や性能に満足していたらそれでいいんですか?」

…とまあ仕事としてはこんな感じでやろう、やっていこ、とするんだけどさ。
その営業活動に真の「価値を見出す」は難しいなあと。

まあなんか答え的な何かは見えてるような気はするし、考えながらやっていこう。

これ、ぼやきだけど、愚痴も薄っすらあるけど、だからどうというわけではないよ。

 

そんな日もある。

 

NHK朝ドラ「半分、青い。」を観るようになって朝の生活が変わったという感想

そうなんです、これまで8時15分まで起床を粘り、起きて30分で準備をして鬱々と出社していた私が!2018年4月2日から始まった、月〜土曜日の午前8時から15分間のNHK朝ドラ「半分、青い。」を観るようになって生活が変わりました。

 なにが変わったかというともう、朝が楽しくなった!これに尽きます。

 f:id:nonbirihimami05:20180514232745j:plain

『半分、青い。』公式サイトより引用)

まず、朝ドラ自体めちゃめちゃが面白いです。けっこう話題にもなっているようで。原作は北川悦吏子さん。私と姉が小学生?くらいの頃にドはまりし、大学生ってこんな感じなんだ…!と思ってしまった『オレンジデイズ』の原作者でもあり、他にも数々の大ヒット作の生みの親。まあ、朝ドラ自体のあらすじは公式やら他の記事やらで見てもらえるといっか。(笑)

www.nhk.or.jp

オープニングの星野源さんの「アイデア」って曲も明るくていい。

演者さんがみんないい。

永野芽郁ちゃんはやたらかわいいし、佐藤健君は安定のイケメンクールなのにちょいちょいダサいところがあって素敵。トヨエツを始めとする奇才マンガ家のアトリエには井川遥志尊淳君がクセ強い役でごりごりの存在感を発してます。永野芽郁ちゃん演じる鈴愛(すずめ)の純粋さと勝ち気なところがすごく元気がもらえる。家族も暖かくてほっこりします。これはおもしろい。

 

あといいのが、朝起きる目的が「仕事するため」だけじゃなくて「朝ドラ観るため」が加わったのがいい。

これまでは早起きしたほうがいいよね〜、と思いつつなんだかんだ2時くらいに寝て7時30分に起きたいけど、8時でも間に合うことを知ってしまっているばかりにずるずる布団から出られなかった。でも今は「朝ドラを観る」ために8時から15分間は死守しなきゃいけない。…となると8時までに顔を洗って、寝癖直して、歯磨きして、着替えの服の用意までは最低しておかないと…。ってことでちゃんと起きるようになる。これまでは朝ごはん完全に抜いてたけど、最近はスープくらいは飲む余裕ができた。すばらしい。朝に心に余裕を持つことは素晴らしい。

 

そんで、憂鬱な気持ちで出社することがかなり減ったと思う。

毎度仕事の不満とかモラトリアム的ななにかのことをぶわーっととりとめもなく書いたりしている私です。朝は仕事か…。まあ行くんだけどさ、はいはい行くんですけどね…。みたいな気持ちでのそのそ出てました。

でも朝ドラ観てからだと、ドラマで笑うのでそのままのテンションで家から出られる、すずめの明るさを自分に乗り移らせてはい、行くぞ!仕事!みたいな気持ちになります。

公式での毎週のダイジェスト動画でいまからでも追いつける!私も3週目まではとりあえずダイジェスト版であー、こういう内容ね…と把握しました。
ぜひ!是非観て!8時とかもう会社着いてるわ!みたいな人も録画でもしてみてほしい。

www.nhk.or.jp

他にも朝の時間でおすすめの番組あったら教えてほしい!6時代に見たい番組があれば6時に起きて、生活にゆとりがだいぶ生まれる気がする!

 

普段テレビってあまり観なくて、朝だけテレビをつけていて、いつも惰性で日テレにしていたんだけども。ある日なんとなくNHK観てみたら、これが思わぬモチベーションになりました!ついでにあさイチ派にもなりました。博多華丸大吉ってやっぱり面白い。

朝って大事ね!!!

 

マッチングアプリを使っている男性に大変恐縮ですが言わせてほしいLINE(メッセージ)のやりとりNG行動

f:id:nonbirihimami05:20180512011716p:plain

Pairs(ペアーズ)を始めて2週間くらい…だった気がする。すでに飽きています。あらまあ。
しかしそんな私ですが男性の皆様に言いたい。というかどうしても思ってしまう。
そんなLINE(またはアプリ内のメッセージ)のやり取りしてたら会ってくれないよ?

 

うるせえブスって言った人聞こえてますよ…!しかしまあ上から目線でごめんよ。でもね、でもね…私のマッチングした男性だけじゃないと思うんだ。みんなこれだけ気をつけてくれればいいのにな…って。たぶんこの方とやり取りして、同じこと思って会ってくれなかった女の子たくさんいるんだろうな…と。 
私だって同じマッチングアプリを使って恋人探ししている男性に幸せになってほしい気持ちがある。

だから言いたい。
これだけは気をつけて!マッチングアプリで知り合った女性に会うために、嫌われない方法!

マッチングアプリに登録している女性の「デートに行く」ハードルは低い

まずこれ強く言いたいのは、これから書く内容は、好かれるための方法じゃないです。「会うまでの間に」「嫌われずに」「会うための」「LINE(メッセージ)のやりとり」です。なので言ったら基礎レベル。でもここに課題がある方けっこういそうだな…と。

マッチングアプリに登録している女性=出会いを求めているわけなので、基本的には男性と出会いたくて、デートしたくて、よかったら恋人になりたいわけです。
なので普通に生活してて出会う異性よりも「デートに行くまでのハードル」はそんなに高くないです。だって「デートしたい」って気持ちはそもそも持ってるから。

じゃあどんなときデートに行きたい!と思ってどんな時にデートに行きたくない!と思うのでしょうか?

デートに行きたい!ってなる時

・超イケメン、趣味が一緒!などプロフィールが魅力的だった
人によって異なるけど、顔重視、年収重視、学歴重視などなど…。自分が大事にしたい条件を明らかに超えているときは会いたい!ってなるよね。

・めちゃめちゃLINEや電話などの会話が面白い!楽しい!
驚異の文章力でめちゃめちゃ楽しませてくれたら会いたい!ってなるよね。

結論、このふたつってムズカシイ。多くの人の希望に当てはまるスペックを身に着けるか、驚異の会話力を発揮するか…。大体の人は無理だよね。

じゃあもう無理じゃん!…となる必要はなくて、最初は「この人なら行ってもいいか。」となれば第一目的「デートに行く」は達成できるのです。そこを目指しましょう。つまり、「この人とはデートに行きたくない!」をなくせばいいのです。

デートに行きたくない!ってなる時

・プロフィールが「無理」
さっき同様人によって異なるけど、顔写真が無理、自己紹介文が気持ち悪い…などある。これも改善の余地ありで、プロフィールの魅せ方で出会いを損している方もいそうなので需要がありそうだったら今度書きますね…。
個人的には、写真は「顔どアップ」「snowで撮ってる」「自撮り」の人はちょっとなあ…、「『初対面からイチャイチャしたい』ってコミュニティはいってる」、「やたらと長い自己紹介文」はいいね!したくないな…と思ってしまいます。

・LINE(メッセージ)のやり取りが「無理」
この段階で、うわ~…となったらそれはもう会っても無理…っていうのが目に見えちゃうよね。じゃあどんなのが無理?というのはこの後書いていきます!

基本、減点が無ければデートには行く

正直、「デート行きたい!」ってなるようなプロフィールもLINE(メッセージ)も難しいし、自分でもそこにもっていくことができる自信ないから、そこまで求める人ってそんなにいないと思います。だからそんなめちゃめちゃ楽しくなくてもいいけど「無理じゃない」であればいいんです。

「デートに行きたい!」ってなるのはたしかに+の要素ばかりだけど、逆に「行きたくない!」ってなるときは-の要素しかないんです。「行ってもいいかな~。」は+はそんななくても、-は特にない。ここならそんなにハードル高くない。

これは25歳女性東京都在住、これまでの人生で告白された人数6人、告白した人数4人、付き合った人数2人、関係を持った人数4人…という微妙な恋愛経験であり、見た目はブスってほどでもないと自分では思ってるけどかわいい!って感じでではなく、よく知る人からは「性格は女性らしくない」と言われる女性(…とその友人10人くらいの意見を寄せ集めた情報)による、偏見はあるけどたぶん共感してくれる女性いるよ?という知見です。

マッチングアプリで知り合った女性とのLINE(メッセージ)のやりとりNG行動~初デートまで編~


①すぐ近づこうとしないで

×いきなりの会いたい
×いきなりの「電話しよう」
×いきなり最寄駅を特定しようとする質問

 
上記のことをやろうとするなら2~3日はやりとり続けてからにしてほしい。
気持ちはわかるよ?めんどくさいよね、LINEとかだらだらするのって(笑)
でも急に距離を詰められることに不安もあるし、「あー、この人誰にでもこれたくさん言ってるんだろうな~、マッチングアプリ強者か。」とか思ってしまう。

②LINE(メッセージ)送りすぎやめて

×毎回3分以内の即レス
×1日20通くらいの往復
×返してないのに送ってくる、を2回以上する

そもそも相手が好きとか嫌いとか関係なくめんどくさい。
前回こんな記事書いたけど、まだ好きでもない相手とのやり取りってめんどくさいのよね。でも、したいのよ。目的達成のためには必要だなって思ってるから。 

nonbirihimami05.hatenablog.jp

 ここは個人差があると思うけど、私は平日1日3往復くらい、休日6往復くらいでお腹いっぱいです。基本的に、返しても返さなくてもいいけど続けたいLINEの頻度ってこんなもんなんじゃないかなあ。これ以上やると個人的にはあ、めんどくさい…と思ってしまう。
ここに関しては、相手の様子をみて、毎回即レスの女の子だったらそれに合わせてもいいとは思います。


③返しづらいLINEやめて

×「そうですね。」「うん。」「はい。」のみ
×言われたことだけに答える

なんていうか、NGパターンはこういうやりとり。

女性「出身新潟なんですか!お酒がおいしいところですね!」
男性「そうですよ。」
女性(……)

 

女性:「法学部なんですね~!」
男性:「はい。」
女性(……)

 みたいなLINEする人いますね?これ絶対ダメ。女性も女性?うん、そうなんだけど、そうなんだけど一回このまま行こう。(笑)

本当に「あー、こいつとの会話もういらないなー。」と思ってるなら「はい。」みたいになるのもわかる。仕方ない!と思うけど、そうじゃないのに無意識にこれだけ返したりしていたら、お気をつけて…!
「はい。」とか来ると「そっか、もうこの人私に興味ないんだな。」と思って女性側ももう返さなくなったりするじゃない?でも放置してたら再びLINE来たりするじゃない?あれ?話続ける気なかったわけじゃないんだ…。と思ったことが何度かあります。
まあこれは互いになのだけど、SNSとか使って出会おうとしてるんだから、キャッチボールしやすいような会話を心がけましょってだけの話です。

さっきのを直してしまうとこんな感じ…?

女性「出身新潟なんですか!日本酒がおいしいところですね!」
男性「そうです!新潟の日本酒は八海山とかおすすめです。お酒けっこう飲むんですか?」
女性「たくさん飲むとか強いわけではないけど、お酒は好きです!ワインとかも好き!」

 

女性「法学部なんですね~!」
男性「はい。法学部って男比率が高いから男子校みたいでしたよ(笑)」
女性「そっか!男性比率が高いんですね。こっちも文学部なので女の子ばっかり(笑)」

 

いや面白くはない!面白くはないよこの会話!でも減点は別にない。のでこれでいいと思うのとりあえず。

どうしてももうこの話題で会話続かない!って時は場合は、「そうですよ~!」「うん!」みたいなビックリマークとかいれて気持ち元気めに会話を切ってから、全然違う話を振るといいと思います。「そういえば趣味読書って書いてた気がするけど、どんなの好き?俺は小説なら伊坂幸太郎とかは結構読むよ~。」みたいな。

意識したいのは相手がこれ送った時に返しやすいか、自分がこのLINE来たらなんて返すか?が3秒で想像できるものがいいかなと思います。そんなの毎回気にしてられないよ!と思うかもしれないけど、これ自然にできていない時点でうーん…ってなるかなあ。


④「言いたいだけ」LINEやめて

×頼んでもいないのに顔写真送りつける
×今日食べたご飯とか行った場所とか急に送りつける 
×言ってほしい言葉が透けて見える自己満足メッセージ

急に彼氏ヅラしないでください。③と内容かぶりますごめん。
LINEの感じで、相手もそういう人だったりめちゃくちゃ盛り上がっている、だったらいいかもしれないけれど、基本的に反応に困ります。自己満足play。そんでもって、全然興味ないけどこう返すしかないよね、ってテンプレ化してるやつ。

男性「仕事疲れたわ~。」
女性「お疲れ様。」

 

男性:「今日のお昼。」(写真付)
女性:「おいしそうだね。」

 

彼女だったら、彼氏だったらやるよ。それにこういうどうでもいいことでも返す、返したいと思う。でも、まだ「好き」になってない。だから自由に自分の気持ちをぶつけてほしくない。してもらっても「どうでもいい」になっちゃう。

もしどうしてもこういうのを送りたいなら「今日夜は居酒屋でこれ食べた!ひまみさんはいつもどのへんで飲んだりしてる?」とか「仕事疲れた~!そっちもお疲れ!」みたいな、それこそ返しようのある、こっちにも配慮のある一言を入れてほしい。

結論、初デートまでは「適度な距離感・適度な気遣い」を意識して接するべし!

…と思います。ガチガチに硬くなれといってるわけじゃない。
ただ、結局対面するまでは、基本的にはまだ他人なんです。友達でも恋人でもなく他人な訳です。そりゃたまにいます、Twitterでのやり取りだけだけど絶対に話が合う!みたいな人。でも本当にごくごくたまーにです。よほど運命的な何かを感じない限り、そこから関係性を発展させるためには、まず減点されないことなんです。だからとにかく気遣い勝負な気がしましたとさ。これ私が女性だから男性に言いたい!って書いたけど、私を含め女性側にも必要な配慮だな~と思います。

特に返しずらいLINEのとことかね。「うん。」って返すしかないようなLINE送るほうも悪いだろうと。(笑)

 以上、2週間弱Pairs(ペアーズ)を使ってみての小言でした。こういうことばっかり言ってるから…っていうのはある。ブーメランが…。自分はどうなんだ…ってのはまたそのうち報告しまする。
男性側でもこういうのあるとありがたいな…。気をつけるよ…。

緑黄色社会ライブレポ!リョクシャ化計画2018@渋谷クアトロ参戦!

f:id:nonbirihimami05:20180509230459p:plain

2018年5月6日、リョクシャ化計画2018@渋谷に行きました!実は!
ちょっと日にちが経ってしまったけど、これについて書かないわけにはいきません!

もうね…!
めっっちゃ良かったです!!!
リョクシャカ最高~!

緑黄色社会ってなあに?という方はまずはこの記事からね。
nonbirihimami05.hatenablog.jp

f:id:nonbirihimami05:20180510000904j:plain(写真:公式サイトより引用)

さっくり言うと4人組の同級生+幼なじみ本格派美男美女バンド!…って勝手に思ってます。

さて!ライブについてですがまだ札幌も残ってるし、セトリの公開って個人的にはあまり好きじゃないのでセトリは割愛。
でも何歌うの!気になる!ってかたはこちらで確認できますよ~!

www.livefans.jp

これ今日ブログ書くために調べてて初めて知ったけど、めっちゃ便利ね。

半分以上は3月に発売した1st Full Albumから。残りはミニアルバムとかに入ってるやつかな?ちょっと知らなかった曲もありました。2曲新曲もありました!ひゃっほう! 

nonbirihimami05.hatenablog.jp

いやもう良過ぎて写真一枚も撮ってない…というのは言い訳として、本当に良かった!
※ とりあえずチケットとライブ会場でもらったインスタのQRコードついたカード
f:id:nonbirihimami05:20180509232420j:plain

たまーにライブって行くんだけど、CDのまんまを想像して行っちゃうと生でちょっと物足りなさを感じたり…てちょいちょいあります。特に私はめっちゃ売れっ子!というよりはわりと界隈では人気あるけど、みんなが知ってる!というわけではない…という子のライブに行くことが多いので未完成なことがありがちでした。
まあ、そこが良かったりするんですけど…!

ただ今回のリョクシャカは本当に音楽も歌も生が最高でした…。
晴子ちゃんの力強い通る声は、素敵な演奏のダイナミックさにも負けていなかった。
キーボード、ギター、ベース、それぞれに存在感があって。サポートドラムの比田井修さんも素敵でした。MCはあまり多くなくて、晴子ちゃんが曲と曲の間にちょっと言葉をはさんですっと曲に入っていく感じでした。音楽勝負!って感じ。

あとはちょっとコテコテ感があるMCも可愛らしかったです。若さを感じた…!
グッズ紹介をベースの真吾君がしてくれたんだけど、もうめっっちゃかわいかったです。にこにこ。真吾君がグッズ紹介をするのは毎回定番なのかな?
真吾くんがグッズ紹介のボードを持ちながら話し始めようとしたら、peppeちゃんが「持ってあげるっ」てしてたのかわいかった…お姉さん…!ってなりました。ここ、今回のきゅんときたところです。(笑)


なによりメンバーみんなが楽しそうなのがとってもよかったです。歌いながらにこにこしてる晴子ちゃん、会場をみまわしながら穏やかに笑う小林さん(なぜか小林さん)、なんとなくぴょんぴょんしてるように見える真吾くん…。peppeちゃんが絶望的に見えない位置に陣取ってしまってなかなか見えなかったけどきっと楽しそうだったね…!
歌が、音楽が、バンドが、メンバーが、ああ好きなんだな…って伝わってくるライブでした。ファンも暖かくてわりと控えめ(?)で個人的にはほっとしました。

 

とにかくメンバーオールかわいかった…。
そんでもって曲は響く歌声と演奏で本当に感動させてくれました。
実力派でありつつビジュアルもみんな最高だなと前から思ってたけど改めて生で見てその両方に感動しました。

平均年齢は意外と?高め。
中高生しかいないのかなーと思ってたら40台の男性とか、お母さんと娘が一緒に来ていたり。私のような20代社会人みたいな人もぱらぱらいました。ちょっと安心!

前にリョクシャカについてツイートしてたら、リョクシャカファンの方から「リョクシャカはライブがもっといいのでぜひ観に行ってください」的なリプをいただいたのですが、まさにその通りでした。

行ってよかった…!

メンバーのTwitterやインスタも素敵なのでぜひフォロー!インスタは特にそれぞれの個性輝いてて好きです。(笑)
ちなみに私は一番後ろくらいにいたので、せっかく写真撮ったけど映っていません…。いちおう保存したけど…。

 いやー、あと1ヵ月はリョクシャカアルバム無限リピートで通勤します!

 

nonbirihimami05.hatenablog.jp

 

▼その他の20代におすすめ音楽

nonbirihimami05.hatenablog.jp

nonbirihimami05.hatenablog.jp